ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

幸薄い女が好き

意外とこういうことを言う男性は多い。
私も同じようなことを言っていたクチである。

こういうことを言う男性の心理はどうか?というと簡単で、要するに自らがモテないということを自認しているわけである。

つまりストレートに女性を口説くことができないために「身の上話から身の下話に移行する」しかないということを自ら吐露しているに過ぎない。

出会い系サイトにいる女性はどこか幸薄いところがある。

だからこそ私でも口説くことができたのではないかな?なんて思う次第なのである。

一人として明るく不倫を楽しむ女性なんていなかったと思っている。

少なくとも、世間様から見れば「幸せそう」に見えても本人は満足しているとは言えないという女性ばかりであったように思うのだ。

一番の理由というのは配偶者が家庭を顧みないということ。いや、自らのことを見てくれない、向き合ってくれないということのようだ。

世間様では「亭主元気で留守がいい。」という。

経済的な面で家庭に寄与してくれればそれ以上は望まないということなのであろう。

実はそれさえもできていない配偶者もいるようで、本当に生活がままならず、少しの楽しみを得たいと思ってこの世界に入ってくる女性もいる。

そうした女性は私とのデートを楽しみにしてくれるのであったが、逆にそこまでいくと余裕のなさがあまりに前面に出てしまい、私自身が楽しい時を過ごせないということになってしまったりした。

そうしたケースよりも、経済的には安定していても、あまりに婚姻生活に無頓着であるということの方が不倫に走る場合が多いような気がする。

つまりは「亭主元気で留守がいい。」だけではいけないということなのであろう。

そして、その場合は女性の話を聞くということに執心する。
まずは身の上話を聞くということなんだな。

正直なことを言えば、もし、その女性が望む亭主像を配偶者が果たしたところで本当に不倫をしなかったか?と言われれば、そうではないような気がする。

私は既に一時の快楽に身を投じようとは思わないので、お付き合いの期間は長くありたいと思うからかもしれないが、そうした女性たちは一度身を委ねると重心がこちらに一気にかかってくるように思えるのだ。

所詮不倫相手、と思えなくなるんだろうな。

致し方ないことではあると思う。

私自身もそうした重いくらいのお付き合いを望んでしまった時期があるから。

頭の中では「隙間を埋める程度」とわかってはいるんだけどね。