ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

男に許されなくて、女には許されるもの

不倫経験がない人からすると、不倫という関係は非日常を求め、ラブホテルでセックスに勤しむことのように思われるかもしれない。

こう書いていて、実はそのイメージ通りの交際をしている方がいいのかな?などと思ってみたりするのだが、現実にはそうではなくて普通に恋愛関係となることの方が多い。

そうなると当然のことながら、それは「日常」ということになるのである。

そして、いろいろな会話をする。
どっぷり行くと将来のことまで話し始めたりもする。
当人たちは意外と真面目なわけである。

日常≒緊張感からの解放というのは決して悪いことではないのであるが、それがために関係が良くなくなるケースもありうる。

気をつけたいのは家族の話だ。

男女共に気をつけたいのは、配偶者の話である。

男性は単なる浮気心で不倫関係となる場合があるが、女性の場合はほとんどの場合が配偶者に対する不満から不倫関係となるのであろう。

勿論、それが原因なのだから、それを話さざるを得ないのであろうがあまりやり過ぎるのは如何なものかと思う。

配偶者への不満の内容が不倫相手にも該当してしまったり、「そんなことさえ不満に思うわけ?」と我慢のレベルが低い人間だと思われたりするからである。

女性を例にとったが、男性とて同様である。

一方で子供の話というのは男はしない方がいいような気がする。

なぜなら女性が配偶者に抱く不満の1つに育児のことがある。男性が育児に理解がない、などのようなことだ。

もし、不倫相手が子煩悩であったりしたら女性はどう考えるであろうか?

不倫相手は勿論、他人の配偶者である。
そして、不倫は自らの配偶者との比較により始まる部分が多い。
にも拘わらず、自分が不満に思うことを不倫相手はその配偶者に不満を抱かせていないということに不快感を覚えるようなのである。

男性とは育児に関わらないもの。
こうした考えにある女性には、自らの子供の話はしない方がいい。

今の若い世代は仕事も育児も分業している場合が多いようだが、私のお相手世代はそのような考えを持っている場合が多い。

だから私は聞かれない限り、自らの子供の話はしないようにしている。

しかし、女性が子供の話をするのは仕方ないと思う。
これは「自らの腹を痛めた。」という言葉を象徴的として、女性と子供との関係は男性では思慮しかねる重いものがある。

この話題をシャットアウトしてしまっては、お子さんのいる女性とお付き合いをするのは難しい。

お付き合いする男女の関係はフラットであることがいい。

ただ一部、片務的になることでバランスが取れることもあるということは寛容に理解しないといけない。