ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

セックスが女の証明であると考える

私は女性経験を積むことを1つの目的として出会い系サイトを利用するようになった。

結果、現在のように彼女ができ、不倫という関係ではあるものの、今までにない「恋愛」ができている。

私は男であるからして、この歳になってしても当然セックスはしたい。

ただセフレが複数いれば楽しいかな?なんていう妄想は当初描いた妄想にしか当たらず、そんなに簡単にセフレなんて見つかることはないという現実と、ある女性に恋心を抱いてからはそれがどういうお付き合いであれ、長く時を過ごせればいいなと思うのである。

今の彼女とは正直なところセックスは合わない。
ただ諦めるにはまだ早いし、私の努力が足りないと思うのだ。まだまだ。

しかし、セックスが合わなくとも、会っていて楽しいし、自惚れかもしれないが彼女は私に男を感じてくれている。

それで私の欲望は満たされているし、彼女もまた満足をしてくれていると思う。

一方で、セックスを私から求めることが、女性としての証明であるようなことを言っていた女性は意外と多かった。

私はサイトのメールではソフトに入るのが当たり前だと思っている。

欲望を丸出しにすればあまり良い結果は生み出さないのは自明だ。

しかし、やり取りをしていくうちに「セックスがないお付き合いは無し。」と女性から言ってきたことは意外にも多い。

そして、まだ会ってもいないのに「貴方に抱かれたい。」みたいな話になるのは女性の見方を理解してからは極めて意外であった。

だからリアルな世界でのファーストタッチでいきなりホテルに行くことは確率論として少なくなかったわけである。

「メール→出会い→デート×複数回→セックス」

こうした私の勝手な思いは、今でもあるし、それがパターンとして一番多いのも事実であるが、いきなりというのも意外と多かったのであった。

これは女性が「男社会」に迎合した結果であると思う。

「男はしたい動物だし、この男も私の前で欲望を顕にするかな?」

こう思っての行動なのかな?と思っている。

「セックスこそが恋愛」と言った女性もいた。

ちょっと可愛そうな気がする。

私は若い頃の恋愛経験が少ない。
しかし、同様にして、出会い系サイトで出会った女性も恋愛経験は少ないのかな?なんて思う。

だからセックスを男から求められることを自らが女であることの指標としてしまうのかもしれないね。