ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

セックスという行為も好き。正直なところ。セフレという存在3。

もう少し男女間のことについては前広に考える人なのではないかと思っていた。

自らが男を変えたことについては明け透けに私に話してきていたからね。

私からするとこの女性との間では「セフレ」という関係で最初からお付き合いをしてきたわけなので、如何に彼氏さんたちとの関係を聞こうともそれは嫉妬したりしてはいけないもの、ということを含んでお付き合いをしてきたつもり。

セフレとは言いながら、これだけお付き合いが長くなれば特別な感情を持って当たり前だし、二人だけの世界ではそれを顕にしてしまったこともあるとは思う。

この女性の愚痴として、「貴方の方が彼氏みたい」と言われたことが数回ある。

私はこの女性とのセックスを楽しめるようにドライブをしたり、飲みに行ったりしたことが何度もあった。

女性とセックスをし、その女性を開放的な気分にさせるにはそうした時間も必要であると考えたからであった。

ここからは自惚れた考えでしかないが、もしかすると彼氏さんたちよりも恋人のようなデートをしてきたのかもしれない。

だからこそ、私に「女の影をみた」ということについて許せない部分があったのかもしれない。

致し方ないことと思う。

人は意外と自らに照らし合わせて他人を見れないことなど男女間以外でもいくらでも経験してきているからね。

これも「たぶん」でしかないが、この女性は私が惚れ込んでいると思っていたのであろう。

もし、そうならば、私からすれば本望であったことに過ぎない。

本心を言えばセフレのことが好きであった。

ただ二番手であることが心地よい関係であると認識していた。

ここで別れてしまうのはちょっと勿体ないかな?との気分もあるのも事実なのだけれどね。

つづく。