ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

なんであんなに辛そうな表情になるのだろう?

私は極端なことを言えばセックスに射精が伴わなくても良いと思っている。

特にステディの関係となった女性に関しては如何に感じてくれるかの方に力点を置いている。

お付き合いを開始した初期には試行錯誤を繰り返す。感じるポイントを探すのである。
それはどの女性にもほぼ共通のものもあれば、その女性に固有なものもある。

その女性の「鉄板目」というものを見つけられれば一度はその方法でイッてもらう。
これが私の快感と満足に繋がる。

女性の経験人数も一定は必要だと思うのは、この「鉄板目」を見つけるのが随分早くなったと思うからだ。

この「鉄板目」についてはこれまでの女性の経験から聞いてしまうのが早いのであろうが、他人さまが開発したことでイッてもらうのはあまり気分の良いものではない。

やはりオリジナリティを持ちたいわけで
「こんなこと初めて」
と言われて昇天してくれたり、
「私は○○ではイケない」
などという思い込みを解消できると非常に嬉しいのである。

それにしてもあのイク時の表情というのは何とも辛そうなものなのである。

男性では味わえない女性独特なものがあるのだろう。

そういう意味で「イク」=「逝く」なんだろうね。

英語がcomeだから「行く」ではないか?という向きもあるが、あまり深淵に快楽を追求しすぎると「死んじゃう」と言う女性もいることから、やはり「逝く」なんだろうね。
それだけに快楽を追求し過ぎては苦痛に繋がってしまうからほどほどにしないといけない。

あのイキ顔というのは美人さんでも歪むのである。
でも、自らにしか見せない表情として、それを見たい自分がいるのも事実なのである。