ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

クンニさせたがらない女

オーラルセックスというのは人間が取るセックスの行動としては良いものであると思っている。

既に交尾ということからは外れてしまっているセックスという行為は生殖器の結合ということだけでなく、行為の途中にかなり自由の利く口を使って相手を高めていくということをすることで、より人間らしいものになっているのだと思う。

フェラとかクンニとかのお互いの局部を貪るような行為でなくても、それまでのプロセスとしてリップや舌を使うということは更に自由の利く手指に較べてソフトタッチであるからこそいいのと同時に口という本来清潔なものしか含まない部位が自らの身体にタッチしてきているということに興奮を覚えるのであると思う。

だからこそ己の身体は清めておかないといけないと思うのだ。

私は女性にオーラルセックスされることが好きだ。
だからこそ、オーラルセックスするのが好きなのである。

やはりその中でもフェラという行為は特別だと思っていて、自分の排尿器を女性が口にするということに興奮を覚えるのである。

逆も然り、であると思っていて、クンニという行為は女性器を愛撫するのには一番適しているものであると思っている。

だからなるべく長くその行為をして、できればそれで女性に頂点に立って欲しいのだ。

大抵の女性はこのクンニという行為を容認する。

一度は股を閉じて恥ずかしがってみせるのであるが、気持ち良いと見えて、すぐに容認してくれる。

しかし、どうしても嫌がる女性がいることも事実。

「恥ずかしい」という理由。

こうした女性たちにもクンニをしてみようとしたことがある。

理由はわかったのだ。
「匂い」なんだね。
これは共通していた。

過去の男に言われたのであろう。
不幸な話だよね。

彼女たちが女性器を清潔に保っていないかどうか?なんて、普段を見ていればわかる話。

身体的特徴として匂いがあるのは致し方ないと思うんだけどな。

そんなの致し方ないこと。

特に恋愛感情に陥れば、あまり関係ない、些細な領域だよね。

違うかな?

そして、そう思ってしまった女性からのオーラルセックスの施しは期待できない。

これまた致し方ないこと。

「好きこそものの上手なれ」

この裏返しに過ぎないのかな?とね。