ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思います。コメントは承認制にしているので、非公開の場合はその旨書いてください。

激しく求めることをする

長い間お付き合いすると女性とのデートも日常に近づく。

それをマンネリと言う場合もあるかもしれない。

私は彼女と呼べる人には、寧ろそうした日常となっていくことを望んでいたところがある。

でも、それではダメなんだろうな?ということも少しわかってきた。

女性が不倫に走るということは男性のそれとは違う安寧の場を求めている場合がある。
それは発言の端々に見えたりもする。

しかし、やはりいつまでもドキドキ感やときめく気持ちを持ちたいということもあって当たり前なのであろう。

これを見誤るといけないのだろうね。
過去にはやらかしてしまったところがあるな。

話は変わるが、私は何人かの女性に「優しいセックスをする」と言われたことがある。

これは意識的にしていることであるから気づいてくれたことは嬉しい。

セックスの描写や映像は激しいものが多い。これは「見せ物」であるから致し方ない。

しかし、リアルにことを考えれば自明であるのだが、女性はデリケートなものであり、激しくだけして良いわけがない。

一方でたまには激しく求めることもしないといけないのであろう。

優しく、冷静というのが基本にありながらもたまには理性を失うような姿を見せないと、思う。

男性がセックスで女性を満足させたいと思うように、女性もまた自らの身体で男性の欲望を果たさせたいと考えるのだろうから。

セックスに準えてしまったが、安寧の中にも刺激が必要ということになるのだろうね。

「ありのままの貴方が好き」などと言われても、意識的にしないといけないこともたくさんあるということなんだと思う。

甘えてはいけないね。