ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

性欲が強いことを疑う

たぶんなのであるが、私は他人様よりも性欲が強いようなのである。

出会い系サイトという世界に於ても、勿論、いきなりセックスしましょうということにはなり得なく、ある程度人となりがわかってからベッドに、ということになる。

以前にも書いたが、私の見た目や経歴から性欲が強いとは思わないようなのだ。だから尚更驚かれることがある。意外だ、と。

若い時からステディと呼ばれる女性からは常にそのあたりを疑われてきた節がある。

「私だけでは飽きたらないのであろうか?」と。

確かに若い時の彼女はかなり歳上でもあったし、自ら私の性欲の強さを受けとめていたのだから、その思いは強かったと思う。

確かにその頃のことを思い返せば、よくぞ受けとめてくれていたなと思うほどであったことは事実としてある。

そして、今の彼女でさえ、恐らくは同じような思いを抱いてしまっている節がある。

それは当たらずとも遠からずで、現にごく最近までセフレという存在がいたのも事実なのである。

ただ、いずれにせよ、それを発揮できる相手がいるかどうかというのは、また別問題であり、そうそう相手ができるものでもないのである。

そして、更に言えば愛あるセックスは自然とパフォーマンスは高くなるわけで同じものを他で発揮できるか?と言われればなかなかそうはならないのだ。

正直なことを言えば、他の女性に粉をかけたくなるのは事実である。これはほとんどの男が思っていることではないかな?と思う。

しかし、繰り返しになるが、それが実現できるほどモテることもないのだ。

「恋は盲目」「あばたもえくぼ」とは良く言ったもので、貴女が愛してる男が必ずしも客観的にモテるか?というとそうではないのだ。残念ながら。

セックスだけでなく、内面も愛してる女性にだから出せるものがあるということなのだと思う。

しかし、そういう思いを持たれるというのは男冥利に尽きるというものである。

だから、彼女にはそれを払拭するほどの愛情を注がないといけないということなのだろうね。