ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

どうやりくりしてお付き合いをしていくのであろう?という話

過去に何人かいたのであるが、「貴女どうしたってお付き合いには至らないでしょう?」という女性。

いろいろな思いをもって既婚者でありながらサイトに登録したのであろうし、プロフィールを見れば「出会うことを望んでいる」し、「彼氏が欲しい」としている。

しかし、どう考えても「出会っている時間なんてないでしょう?」という生活サイクルの人がいる。

勿論、時間というものは創出するものであるから新たな「時間割」というものが入ってくれば何とかなるのかもしれない。

確かにセックスフレンドというレベルの話であれば月に一度か二度会えるのかもしれないが、こうした女性に限ってそうした出会いを望んではいない。

一度そうした女性との交際を試みたことがあった。

プロフィールを見た女性からお誘いを受けた。
そしてメールが開始された。

メールの内容についてはきちんとしたものであったが何せ時間がないようでメールは1日一往復であった。

メールの話は合ったので会うことにしたのであるが、仕事が多忙らしく20日も先のことであった。

この女性よりも10日以上後に私にアプローチしてきた女性の方が早く出会うことになったくらいだ(笑)

もうこの時点でお付き合いをするのは難しいかな?と思っていたのであるが、一応お会いするだけしてみようと思った。

会って気に入ってくれれば、私が生活サイクルに組み込まれるかもしれないとの期待を持ったからである。

会ってみると話は合った。出会いに求めていることは似通っているように思えた。
見た目も好みであった。

しかし、なのである…

つづく