ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

不倫における時間感覚~その1

私は自分自身がそこそこ忙しくしているために、不倫相手は専業主婦がいいのではないかと思っていた。

で、そうした方をターゲットとしてきたこともあった。

しかし、それは決して自分の暇な時間に合わせてもらおうと言うことではなく、相対的に見て私と会う時間があるのではないか?と考えてのことであった。

それは間違えではなく、働いている女性はやはり拘束時間は必然的に長くなるために会える時間は限られる。

その点専業主婦は、私が彼女たちにペースを合わせるということさえすれば、やはり余暇に使う時間はあるのだよね。

ただ、その一方で「なぜ専業主婦か?」というと本人が「働きたくない」と思っているということはほとんどなく、配偶者が「籠の鳥」としているケースがほとんどであるということなんだよね。

つまりは「外に出したくない」。
かなり昔風の考えなのか?それとも外に出すことによって他の男と接触することを避けたいと配偶者が考えているのかはわからない。

何れにしてもそうなってくると実は不倫相手である私と「会う口実」を作れるのは働く女性の方が多いわけであり、私との時間を無理なく?過ごせるのは、実は働く女性であったりする。

つまりは専業主婦とお付き合いをする、ということは私が彼女たちのペースに合わせるということになるということがわかったのであった。

それに関連していうと時間というものに関しての考え方が専業主婦と働く既婚女性とでは全く違うという感じがするのだ。

それは不倫を開始する理由と似通っているのかもしれない。

配偶者に不信を持つということを前提として、働く女性は不倫をすることは本当に「愛に飢えている」ということが多いのであるが、専業主婦の場合、「余った時間を誰かと過ごす」という理由が先んじて不倫に走るということがあるように思えるのだ。

それはその配偶者からすると「不本意」なんだろうね。

私は営業のマネージャーをしているのだが、普段バカみたいに働いているがゆえに、「平日の昼前に密会する」ことの時間は充分にある。そこはリアルな世界で文句を言われるほど働きは悪くないと自負している。

そして専業主婦たる不倫相手に会う。

そして、時の彼女に合わせた時間を過ごす。

そうしているうちに前提条件が外れることがあるのだ。

つづく