ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

女性から言われた嬉しい言葉、その3

以前にキスの巧拙について書いた。

女性にとってキスは重要と思っていて、私の拙い経験上で言えば、セックスよりもキスで女性と仲良くなれると思っている。

唇と唇、舌と舌みたいなキスの仕方をするのはナンセンス極まりないと思っている。

アダルトビデオでいきなりベロベロとしているシーンがあるがあんなのは女性が悦ぶとは思えないのである。

もっと女性の唇全体をパーツに分けて愛することをすれば男性にとってもより楽しい愛撫の時間となると思うのである。

先日、新しいセフレさんと初めて結ばれたのであるが、ファーストキスをすごく丁寧にしてみた。

この歳になっても初めて女性を抱く時はとても興奮することは事実。ましてや私の好みの女性であったわけであるから興奮しない訳がない。

しかし、そこはグッと我慢をして唇全体に軽いキスをしてから唇のパーツに小さく唇を当て、次に舌を使って唇を愛撫した。

特に口角や下唇を丁寧にしたところ、何ヵ所かビクッと身体全体を反応させる部分があったりしたのである。

こうしていると女性の側から舌を絡めたがるが、そうした状況になればある意味「勝負あった」と言えるのである。

舌を絡めてからセフレの口から出たのは
「キスが巧くて、立っていられない」
という言葉であった。
思惑通り。嬉しかったね。

勿論、その後の流れはスムーズにいったのである。

キスというのは愛情表現であるから、普段のデートでもたびたびすることとなる。

先日のベッドでもインターバルには何度もライトなキスを交わした。それはそれで「重要項目」なのであろうと思う。

しかし、そうしたキスとは別に女性のスイッチを入れるようなキスができたらいいな、と思う。

この女性には刷り込みができたかな?と思うのである。

「セックスが巧い」と言われるのはちょっと微妙だ。

でも「キスが巧い」と言われるのは心から喜べるんだよね。