ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

生理中のセックス

動物というのはきちんと繁殖期というのがあって、その時期にしか交尾を行わない。

勿論それは種の繁栄という意味でのそれであり、その他の意味をなすことはない。

人間というのは困った生き物で一年中繁殖期があるのだ。

なぜ人間だけが高い知能を持ち、やがて文明や文化を形成したかというと通常一体しか受胎しないものの繁殖期もなく、何時なんどきでも身籠れるというあたりにその理由の一部があるような気がしてならない。

そして、逆に言えば、何時なんどきでも繁殖期であるがゆえにセックスという本能を利用した遊戯が発達してしまったということなんだろうね。

そして、もう既に妊娠というものを「リスク」と考えてしまうほどセックスは本来あるべき姿を失い、終にはもはや交尾をするには不適な年齢になった私でも「したい」と思うものとなっているということになる。

男女の区別でいうと女性はまだ本能に近いものを感じさせるものがあるのだと思う。

月に一度くらいのペースで生理というものがあり、日頃の生活に支障すらきたすことがあるくらいだ。

一方で男というのはかなり無責任なもので生理すらないために四六時中「したい」ということになる。

本来、交尾という意味においては「盛る」ということを女性(メス)がして初めて成り立つのであるが、本能から逸脱し過ぎているために男性(オス)主導になっているというところがある。

あくまで私のケースでいうと本能かどうかは別としてやはりそこは女性主体で考えたいと思うのである。

なぜなら私は四六時中「したい」のであるから。

本能を感じさせる生理ということについていうと、やはりその時期には「したがらない」女性が多い。

それはやはり穢れというものを感じるが故のものであったり、物理的に汚すとか匂いがあるとかいうことのようだ。

そうしたことを考えてするのは落ち着かないというところであろう。

しかし、よくよく聞くと生理中に「欲しくなる」女性は結構多いようなのである。

これこそ本能から逸脱している部分かあると思うのだが、その間にすれば妊娠リスクが少ないということに起因しているところもあるのではないかな?と思うのである。

私は100%ゴムはつけるので、アクシデントがない限り妊娠リスクはないのであるが、それでも女性が妊娠ということを気にしているということは常に意識しないといけないと思っている。

そして自らのセックスに対する考えが女性主導である限りは、女性がしたい時にするということでいいのではないかな?と思っている。

だから生理中にそうした雰囲気になったならば「気にならないよ」と言うことにしている。

生理中に「欲しくなる」のか「気になってできない」のかは女性の選択に任せることにしている。

一つ言えるのは、ステディにはきちんと生理期は教えておいて欲しいということかな?

不順な方もいるのでなんとも言えないが、一度教えてもらえばこちらでだいたい管理はできるので。

そして「欲しい」のか「嫌」なのかによって、その期間のデートの仕方も変わると思う。

女性主導とは言いながらも「セックスしたいな」というのは男の役目だからね。