ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

「いいよ」と言ってあげる

早漏というのは男の悩みの1つであると思う。
でなければ、あのようにいろいろなところにそれに効く薬の宣伝がなされていることもなかろう。

私もこれには長く悩まされてきた。
若い時にはとにかく早くて恥ずかしい思いを何度かしてきた。

しかし、若い時はそれにも勝る性欲と精力があったために「回数勝負」をしていたところがある。

抜かずに何回かする、インターバルを取っても短く再開できる…こうしたことで女性の身体の芯を温めるということをしてきたのであった。

この歳になって、やっとのことであるが「射精コントロール」というものができるようになった。

これは回数をこなしたことからくる経験なのか?
いや、違うと思う。
「限りある資源」という意識をして初めてそうなったということなんだと思う。

出しても出しても勃つ時には切実には思わないものなんだよね。
しかし、今の精力からするとコントロールせざるを得ない。だからできるようになるのだね。

それでもたまに「ありゃ」ということがあるのさ。

本当に「申し訳ございません」という感じだよね。
一生懸命、口と指で愛撫して自らの回復を待つということをすることもある。

これは男の悩みかな?と思っていたが、女性もまた気にしていることみたいなんだよね。

女性はどこかで「一緒に逝く」ことを理想に思っているところがあるみたいで、やはり「先に逝く」ことが罪のように思っているところがあるようだ。

私からすると女性が昇天する姿を何度か見て、更なる深淵で逝く時に合わせたいと思うのであるが、どうやらそうではないようなんだね。

一生懸命がまんしている風なところがあるのさ。

勿論、何度も身体を重ねた女性であれば「この人は私の感じる姿を見ることが快楽と思っている」という理解をしてくれるのであるが、一般的な男のセックスがそうではないのか?、「射精させてあげたい」と思うようなのである。その心理は良くわかるし、私もゆくゆくは撃ち込むのであるけど。

ただ我慢されても困るのである。
快楽の果てに顔が歪み、身体をくねらせた末に硬直する姿を見たいのであるから。

だから「いいよ、逝って」と耳元で言うのである。
こう言ってあげないと安心して先に逝けない女性が多いような気がする。

いや、そうしないことでタイミングを逸することもあるみたいなんだよね。

そうして逝ってもらった後は同じように腰を振り続けていいわけがない。

しばらく中で動かずにいるのがいいのか?いっそのこと抜いてしまった方がいいのか?

それは女性の状態を見ての判断ということになるのかな。

最近は聞くようにしているけどね。