ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思います。コメントは承認制にしているので、非公開の場合はその旨書いてください。

セックスの描写を赤裸々に書くかどうかについて。

昨日久々にセックスをした女性のことをブログにしている。

で、この後セックスシーンへの展開となるのであるが、それを赤裸々に書いていいものかな?と思うのである。

もちろん、こうした種のブログはセックスのシーンをこと細かに書いた方が「受ける」に決まっている。

私もこのブログを書こうと思った理由のひとつはあるサイトでずっとサイト内ブログを書いていて、そのエロシーンについて興奮させられたことにある。

これは前にも書いたかな?

だから私もそうしたシーンを書こうと過去のセフレとのシーンを書いていたりもしたのであるが、これは男性受けはするものの女性受けはまるでしないようなのである。

そして書いているうちに男性からも「パターンが一緒」などと言われる始末(笑)

じゃあ言うが、貴方はそんなにパターンを持ち合わせるのか?とツッコミたい(笑)

ステディに対して…経験が少ないからこそ…バリエーションを増やしたいとの思いから女性経験を増やしていった事実はあるのだが、女性を悦ばせるというのはそんなに多様な芸当があるから…というわけではないような気がするのだ。

アクロバティックな体位ができるとか、持久戦のようなセックスができるとかではないと思うのだね。

だからブログには心理を書きたいと思うんだ。

むしろそういうシーンになる前の姿をね。

そうならないと始まらないでしょ?(笑)

つまらないブログにはなると思うんだけどね…