ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思います。コメントは承認制にしているので、非公開の場合はその旨書いてください。

めんどくさいのは当たり前

このブログをご覧になられている方と何人かメール交換していてときどき意見をやりとりしている。

女性の方が多いのであるが何人か男性もいてだいたい長くメールをしているのは私と同じような境遇?の方なのだが、中にはこれから不倫相手を見つけたいとする人もいる。

41歳とのことであるから概ね私がこういうことを始めた年齢である。

仕事が順調でいろいろと余裕ができてきて遊びたくなる年齢なのかもしれない。

私もその当時このブログのようなものを見たら同じような心境になっていたのかもしれないのだが、どうやら彼が躊躇しているのは「めんどくさいもの」ととらえているようなのである。

まぁ確かにめんどくさいのであるね。

お相手に送るラインやメールは多い時だと50通以上。
朝起きたら筋トレはするし、シャワー浴びて全身にオイル塗るし、顔は乳液でマッサージし、定量のマカや亜鉛を飲む。
たまには歯のホワイトニングもするし、ムダ毛の処理もする。
週末は時間があればジムに行きトレーニングをする。
そして先日のように女性に呼び出されてもなるべく都合を合わせてそこに向かったりもするのである。

清潔感、体力、精力、時間…どれも整えておかないといけない。
いや、いけない…という訳ではないが、それくらいのことができていないと女性から受け入れられないのではないかな?と思っている。

内面的なものはできていて当たり前、遊ぶ金くらい持っていて当たり前。それらに加えてある程度の見た目とパフォーマンスがないとニーズもないような気がするんだよね。

もちろん何もせずとも備わっていると自負できるのであればそれでいいのであろうが、年齢的に何もしなければ全てが確実に落ちていくから。

私なんて保持するのに精一杯。
めんどくさくても意識し、やらないとすぐにポンコツになるんだよね…