ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

あまり過去の異性について言わない

W不倫という間柄がなぜ起きるか?というと実社会での寂しさであると思う。

特に男性に於ては、実社会も安寧であるにも拘わらず、スリルや「ただただしたい」という欲望をもって不倫をしている人間も多いが、女性は寂しさから来ていると思うし、男性も意外とそうだったりするのではないかな?と思うのである。

世間でいう不倫というのは男女が身体だけの世界を求めてしているように思われるが、そう思う人は恐らく男女関係にシャビーな経験しかしていない人か、或いはそう言うことが「面白いかな?」と思っている人なのである。

不倫と言えども、ある一定のラインを越えると真剣なお付き合いになってしまうこともあるのだ。

そこでは普通に恋愛関係になってしまうのである。

私の失敗談を言おう。

私が不倫をしようとした時にはすごくライトな気分で始めたわけではない。しかし、今思うとセックスだけの関係を得られれば良いと思っていたのだね。

しかし、何人目かで「好きな」人ができてしまった。
そして相手もまた私のことをそう思ってくれたのだ。

いけなかったのは、私が不倫というものをするにあたり、相手の女性のガードを下げる目的で、過去の女性との話をしてしまったのだね。

そして、その会話により彼女も過去の男性の話をする。そりゃ当たり前だ。話していい、じゃなくて、それが会話の一部だったわけだから。

こうしてお互いに気分の悪い思いをしたのであった。

いや、高校生じゃあるまいに、お互いに過去があることなんて百も承知。

ただ、だからといって、過去の異性との話をしたりするのはいけないと思ったのである。

やはりいい気分はしないのだね。
過去を聞くのは。

そうしたことをしてきたことくらいお互いに含んでいる。

それでいいんだよね。

敢えて助長する必要はない。

無縁その時の私も悪意あって言ったことではない。
呼応した彼女もね。

大した経験もしていないのだから、語るなよという話。

今の彼女とのお付き合いに生かしてはいるつもりだけどね。