ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

なぜこのプロフィール写真なのであろうか?

実は最近少しだけサイトを徘徊している。

セフレと別れて少し時間が経つので新たに、というわけではなく、新しい女性と話がしてみたいという程度なわけである。

サイトという道具は女性と出会おうとすると、ややハードルの高いものとなるのであるが、話(メール)程度ならあまりハードルは高くはない。

現在私が使っているサイトはいろいろな質問項目があってそれに回答するということがプロフィールの一部にあるために女性の活用目的がわかるためにすごく使い易い。

たぶんこのサイトは一番「使われている」サイトだから、言い方を選ばずに言えば間口が広いサイトではあると思うのだ。

話はやや変わるが、これには女性のプロフィール内でお誘いもできるような無料の一言機能がある。

ちょっと魅力的なプロフィール(勿論、それは性的に)が書かれているとここに様々な誘い文句が書かれているのであるが、その女性のプロフィールを訪ねた私にも見えてしまうこととなるのである。

そして、いろいろな女性にそれを入れている男性はだいたい決まっているということなのである。

確かに女性が女性のプロフィールを見て歩くことはなかなかしないであろうから、他の女性に同じようなことを入れているかはあまりわからないのかもしれない。

しかし、これから二人の関係を進めようとしている時に半ばオープンになるこの機能を使ってお誘いをかける男などロクでもないことは明らかなわけである。

それが純粋な出会いだとしても、これから二人だけの関係を作るのにいきなりオープンの場で半ば告白をするような程度のデリカシーしか持ち合わせない男である。付き合って楽しい訳がない。

そもそもとして、一通50円程度のメール代をケチるような男と付き合って楽しい訳がないのである。

私はなんの生産性もないと感じるのであるが、お金を払って酒を飲みながら若い女性と話をするという形態の商売は全国に存在する。

全国的にはキャバクラ、こちらではニュークラという言い方をする。
(こちらでキャバクラというともう少しハードな感じになる)

私は自ら率先してこのような店に行こうとは思わないのであるが、好きな男性は多いのでお付き合いをするということからすれば年に数回は行く。

1時間のセット料金で3000円~5000円である。
同じ料金でサイト遊びをしたならば、どれだけ楽しめるか?というわけだ。

このあたりの原価計算もできていないであろう人間とお付き合いをしてはならないというのが私の思いであるが、そうした場に「既婚者同士、良いお付き合いをしましょう」なんてメールするのは愚に等しい反面、たぶん過去に「いい思い」をしてしまったのだろうな?と思うのである。

話は反れたが、私はメールできる女性を求めてサイトを徘徊している。

どうせなら雰囲気を知りたいということで、プロフィール写真を見るのであるが、「本当に出会いを求めているの?」という写真を掲載している女性もいるのだ。

最近の傾向としてはアプリで目元を盛るケース。
これは心理としてわからないではない。
目元パッチリな女性が好きな男性は多い。
私もそうだ。

ありのままの自分を好きになって欲しいと思うのか?中には「盛る」どころか額の皺を強調しているかのような写真を掲載している女性もいるのである。

で、そのプロフィールを見れば「恋愛」を求めているのだ。

この心理、意図はなんぞや?と思うわけである。

確かにそういう意味では目を引くのは事実であるが、それでその女性をターゲットにするか?と言われれば「メールをしたい」という目的の私でさえ気がひける。

男である私でさえアンチエイジングしている。
そこはこの歳になって色気があれば当たり前の話だと思っている。

嫌みのない程度にね。

それを放棄している女性とメールをしても得るものがないと思うんだよね。

勿論、人は見た目ではない。

しかし、歳を重ねれば、いや、重ねたからこそ見た目も気をつけないといけないと思う。

今回反面教師として、そのような写真を見て、思うところであるのだ。