ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今の戯言)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

不思議ちゃんは怖い女?9

私がインサートすると彼女は下で腰を回転し始めた。

私はピストン運動を開始したのであるが、そのぺニスの動きを止めるほどの激しい回転であり、今まで感じたことのない、えもいわれぬ快感がぺニスに襲いかかったのであった。

「私が動くから動かないでいいわ」

私は言われるままにした。
このまま私が動けば暴発しかねないと思ったのである。

そして、今度は上下に動き出したのである。

このような動きを女性上位でされた経験はある。
しかし、正常位に近い体位でされたことはなかった。

なされるがまま、であった。

再度腰を回転された時にガマンの限度がやってきた。

「ヤバいんだけど」

私がそう言うと

「たくさん出してね」

と彼女は微笑みながら言った。

私は恥ずかしい声を上げて果ててしまった。
何故かその瞬間に彼女も身体をひくつかせていたのであった。

彼女のヴァギナからぺニスがするりと落ちるほど大量にスペルマを放出した。

彼女はそれがわかるとこ私のぺニスを見つめながらコンドームを外した。

そしてスペルマまみれになっているぺニスを咥え、口の中でペロペロとそのスペルマを舐め取った。

その姿を見ていた私は興奮を覚え、少しずつぺニスを大きくしていった。

「あら?今出たのに元気になってきてる!」

彼女はスペルマを舐める行為からフェラの態勢に入り、私のぺニスをしごきながら舐めた。

「今度はたくさん突いてくれる?」

いやらしく自ら手で太ももをオープンさせた。

私はいやらしく光るラビアを確認するとそこにぺニスを突き立てた。

「あぁん」

完全に彼女のペースだ。

一度逝っていることもあり、私は最初から強めにピストン運動をした。

心の中では

「やっぱりこの女性は…」

そう思っていた。