ゲスな男、ゲスな女(9年間の不倫と今)

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。言いたいこと言うばかりで参考にもなりゃしないと思いま

前戯が長い理由は、

セックスというのは健常な大人の男女であれば誰でも二人で楽しめる遊戯であると思う。

先ず、この理解があって初めてなのであるが、そうするとお互いが楽しめるようなものにならないといけないと思っている。

二人でする遊戯である以上、どちらかだけが楽しいのは破綻を来すと思うのである。

楽しむということをする前提として、先ずこの遊戯には快感というものが伴うということを忘れてはならない。

そして、それも当然のことながら何れか一方が気持ちいいということではダメになるということだと思うのである。

私はインサート後のことについてもいろいろと考えるところもあり、自分なりに「改良」してきたつもりであるのだが、セックスという遊戯は「前戯」→「インサート」→「後戯」という一連のプレイで事が成り立つ。

とりわけ大切なのは「前戯」だと思っている。

私は先ずこの「前戯」に時間をかけ、お相手して頂く女性に快感を得てもらわないといけないと思っている。

自然と「前戯」は長くなる。

なぜそういうことになろうか?というと「インサート」に自信がないからなのである。



男という生き物はこの「インサート」後の戯れを重視してしまう。

これはアダルトな映像は一連の性行為を模写しながらも「インサート」後のことが中心となっているということに関連していると思う。

私がアダルトな映像をあまり見ない1つ理由はその点にある。

あんな風には「できない」のだ。

ならば・・・ということになる。


前戯で女性に快感を充分に与えられれば「インサート」後は万一失礼があったとしてもプレイとして「許してもらえるかな?」なんて思う。


「インサート」後は男性のリードが強まることの方が多い。

ペニスが勃起した状態にあることが前提だから致し方あるまい。

勿論個人差があるのであろうが、このペニスの状態というのは日替りだし、勿論相手の女性によるというところがある。


幸いなことに「中折れ」をしたことはない。
しかし、この歳になっていつしかそうなるとも限らない。

寧ろそれよりも、気持ちが入ると特に「早い」というリスクがあるのだ。

そして、それは若い頃の追憶に引っ張られるところがある。


今でさえ「あ、ヤバい」ということがあるわけだから、若い頃は頻繁にあったということなのである。

いや、毎回だったな(苦笑)


で、早々に果てる。
それは勿論、相手の女性の中の状態にもよる。
ここは残念ながら摩擦という物理的な現象に勝てなかったりすることもあるのだ。

しかし、それで一度も文句を言われたことはなかった。

無論、そんなことで文句を言う女性は少ないと思うのだが、「前戯」で快感に浸ってもらっているということも無縁ではないと思う。


長くお付き合いした女性に
「貴方はきちんと前戯してくれる」
と言われた。

長かったので、インサート後の彼女の壺も心得ていたから、正直なことを言えばあまり前戯に長い時間をかけなくなってきていた。

というか、前戯している時に「抱っこして」と彼女からインサートを求められることが多かったのも、大きな理由だ。


私が思ったのは、みんなそんなに前戯を怠るのかな?ということ。

自信があるのか?或いはセックスを軽く見ているのか?ということ。


後者でなければいいんだけどね。