ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

ごっくん

フェラが嫌いな男性というのはあまりいないのではないか?

お付き合いした女性の中で一人だけ「旦那さんがフェラがあまり好きではない」と言っていた女性がいた。

この女性は私との情交の時には思いきり?フェラをしてくれていた。

要するにフェラをするのが好きだったのだね。
この女性の場合はフェラをすることでぺニスの近くの男性ホルモンを感じて、自らも興奮するというようなことを言っていた。

このようにフェラが好きな女性もいれば嫌いな女性もいる。

ぺニスという排尿器官を口にするのであるから「嫌」と考えても当たり前の考えと私は思っている。

私はご多分に漏れず、フェラしてもらうのが好きだ。
しかし、以前にも書いた通りにしてもらえなかったからといって不満はない。
私は女性を愛撫することで気持ちも身体も高めていくタイプなので、フェラがなくても十分に勃つ。
でも、してもらえるならばそれに越したことはない。

ただ「フェラが嫌い」という女性にしてもらっても刺激を与えるだけということが多いので、それなら無理にしてもらうこともない。

フェラが好きという女性もスペルマを口内発射されるのは嫌な人が多いのではないだろうか?

あのドロドロして、キッチンハイターのような匂いのするゲル状のものが口に放たれるのは考えただけでも嫌だ。

フェラが好きという女性もセックスのプロセスのうちの1つとして、それを考えているのであろうから、まさかそれでフィニッシュされるなど思ってもみないであろう。

私は複数回可能であるが、世の中には一度のレストで一度しか射精できない人もいるだろうから、それをフェラで消費されると拍子抜けになるとも思うしね。

私が複数回可能であることがわかっているからであるからこそなのであるが、中には「ごっくん」することを望む女性もいる。

ほとんどの場合はだいぶお付き合いが進行してからのことである。

そして今の彼女も「ごっくん」したがる。

恐らくは私への服従という意味で「ごっくん」してくれているのであろうが、無理をしているといけないので聞いてみると「あなたのなら飲みたい」というのである。

まぁ、嘘かどうかは別として、この「あなたのなら」という響がいい。

そして先ほども「ごっくん」してもらったのであった。