ゲスな男、ゲスな女

40過ぎに女の味を知ったショーもない男のブログです。

征服欲が満たされるとき

男性がセックスをしたがる一番の理由は射精の快感であることは否めない。

勿論、射精というだけであれば自身の手でもできるわけだが、風俗産業などは自らの手でできることを金銭を対価に女性にしてもらっているに過ぎないように思う。

風俗産業など、と言ってみたのは出会い系サイトもまたこのような金銭を対価としたものが横行しており、寧ろそれが主流と言っても過言ではない。

私がお付き合いしてきた女性たちにもそのようなお誘いは多々あったようで、それが前提かのように思えた、という女性もいたくらいだった。

私の場合もW不倫を求めているので不貞には変わりはないのだが、ある女性から「こんなピュアな出会いができると思わなかった」と言われたときは苦笑してしまった。それほどまでに乱れているということだろう。

私も男だからセックスは大好きだし、射精の瞬間もとても気持ち良い。
そして何より、長くお付き合いする女性とのセックスは安心感をもたらせてくれる。

しかし、何よりセックスで快感を覚えるのは女性が逝ってくれた時のことである。
この瞬間が男としての「征服欲」が満たされるときなのである。

「すごく丁寧にしてくれる」
そう言われたことは何度かあるし、事実それを心がけている。

ただそれは女性が悦ぶセックスをしたいというよりは自らの欲望を満たすプロセスでしかない。

私が交わった女性の中には中イキを経験したことのない女性が何人かいた。
結局果たせずじまいの方もいたが、初めて私で経験してくれたりするとそのボルテージは最高に高まるのだ。

勿論、女性は逝ったふりをするから、それは気をつけないといけないんだけどね。